元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

痩せた?

とよく聞かれ、心配される。

 

上司たちに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちとら安月給で

仕方なしに1日1食で凌いでんだろうが!

善人ぶってんじゃねぇぞ。

 

同情するなら金をくれよ。

 

例の58歳の人。

仕事の最後の方で目があった。

(あ〜こりゃなんかくるな…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 通知きた?不採用だって?ケケケケケ 」

 

(キターー!今日もキレッキレッです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもこの世が

ファイナルファンタジーな世界なら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 通知きた? 不採用だって?ケケケケケ 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 バハムートさんお願いします!!このクソジジイを骨の髄まで燃やし尽くしてやってください!!もう灰にしちゃってください!!灰に!!」

 

 

 

3分後

即死。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもこの世がドラゴンクエストな世界なら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 通知き… 」

ザラキーマ

 

即死。

 

(1人なのにザラキーマなのが肝)

※単に殺す確率を上げたいから。

 

 

さらに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死亡後。

 

ザオリク

「 はっ!?お前!今俺に… 」

「 てかザラキーマ

 

即死。

 

( また殺すのにザオリクなのが肝 )

※全回復の状態から即死にしてやりたいから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがこの世は魔法や幻獣などない!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クソジジイ、運が良かったな。

 

どうしても

平日休みが欲しくて月曜は休みをもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の大嫌いな58歳の人。

「 決まった? 」

 

「 は? 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 次の仕事の面接してきたんでしょ?

仕事決まった? 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい加減面白くねぇし、

マジで勘弁してくれ。

 

絵に描いた様な嫌味がキレッキレッ

に炸裂するこの人。

 

 

ターゲットはいつだって若手のウチら。

上の者には大変腰が低く、へりくだる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの人は知らないだろうが、

言われた当初、早々に上司に報告しました笑

 

「 そんな事言うの!?笑 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人には注意はいかない。

ただ笑われていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生させる様な注意もなく笑われ、

相手にされていないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その者にもう未来はないんだな…

反面教師。くわばらくわばら…

人のプライベート

隅から隅まで開けっぴろげて

盗撮なんて犯罪めいた事までしてんのに

週刊誌はなんら叩かれないという不思議。

予防線を引く

傷つかないために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつだって、人と出会っても信用しない。

どんなに親身でも献身的に接してきても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男女問わず、その者と付き合いながら

信頼関係が深まっていくとしても、

その者を心底信頼することはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏切られたとき、

精神的なダメージは

信頼関係が深いほど大きいからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏切られたときを想定し、

相手をある程度しか信用信頼しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が導き出した

自己防衛の手段だ。

最初からすでに、

信頼の度合いは決まってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、

相手がそんな自分に冷たくなっても

自分は傷つかない。

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな冷めた自分を

心底愛してくれる人が現れないかなぁ

なんて、都合いいこと期待してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫だ!気にすんな!

俺が付いてる。安心しろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛してるぞ!俺! 笑

 

ケータイの不具合で

ケータイショップに行ってきた。

無事にケータイは元に戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待っている時間があったので、

雑誌を見ていた。

 

中身を開けば

女性のファッション雑誌だわコレ、

と気付いたが、ふ〜んとペラペラ見てた。

 

ふと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫の特集があり、

 

不倫を辞める金ことば

 

なる不倫に対する

否定的な言葉の特集があった。

 

テレビドラマやら、評論家やら

一般人のツイートなどから発信された

言葉だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 未来のない道を歩んでなにが楽しいの?」

 

「 人の不幸の上で成り立つ幸せを得るのは難しい」

 

「 もう一度、よーくその人を見てみて。ただのエロいオジサンだから」

 

「 やっすい女 」

 

 

 

など、様々な言葉があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺には大して金ことばでもなんでもない。

フッと鼻で笑える内容だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは全部教科書に書いてあるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、

 

「 慰謝料300万払ってまでその人と寝る価値はあるの? 」

 

みたいな言葉があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま〜だんな事言ってんの?

どいつもこいつもわかってないな。

金じゃねぇんだよこういうの。

理屈じゃねんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対の禁断であるのに、なぜ男と女は

不貞に走るのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほど、男と女の

 

「 愛 」

 

は凄まじい

 

「 力 」

 

を持つということなんだよ。

 

パッシングしてるけど、不倫も浮気もしたことねぇのか?そういう状況でもやっぱ教科書開くのかこの方々は? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似たような話がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが大好きな

 

「 警察24時 」

 

の、ひき逃げの犯人。

 

ひき逃げを起こし、犯人は逃げていたが、

警察の捜査でそいつは捕まった。

問題の車のキズを警察が現場状況資料とともにそいつを追求。

 

そいつは駐車場で、4.5人の警察官に四方八方から怒涛の喝を浴びせられた。

 

 

 

 

「 自分がなにをしたかわかってるのか!?」

 

「 今も被害者さんは苦しい思いしてるんだぞ!?」

 

「 なぜ逃げたんだ!?」

 

「 無責任だと思わないのか!?」

 

 

 

 

などなど、集中砲火だった。

言わずもがなこれは犯人が100%悪い。

ぐうの音も出ないだろう。

 

警察官の怒りの声が静まったとき、

静かに犯人は言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 人を車で轢いたことある人間にしかわからないんじゃないですかね 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察官たちはそれ以上この犯人を追求せず、

なにも言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人の言う通りだからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫とはまた違う話だが、

周りが何をどう言ったところで、

最終的には本人次第。

悪い事だってする。

 

到底理解し難い事で、

たとえそれが悪い事だとわかっていても、

その時、その瞬間瞬間で人は過ちを犯す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪い事をした人々は口々にこう言う。

 

「 私の気持ちはわかるのか? 」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫ではあるけれど、家族がいるけれど、

相手を愛する気持ちは抑えられない。

この人を愛したい!

悪い事と認識しても悪い道に進む行為。

堕ちてもいい。
バレなければいい。

 

極限状態のこの精神状態。

目に見えない人の弱さや闇。

 

こういった人のこの

 

「 気持ちと想い 」

 

まで人は裁けんのか?って話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫も轢き逃げも悪いことだってわかってる。ただ、俺としては、ほんの少しだけ、どのような状況でこの行為に至ってしまったのか、ということも考えてみてもいいのでは?と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金あって、小さい子を育てるために

ソープランドで働くシングルマザーに

そんな場所で働くのやめなさい。

とか言えんのか?理屈じゃねぇだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察を筆頭に

コメンテーターやら評論家やら、

やたらと悪い事に対して追求してくる奴ら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたたちはこの先、

死ぬまで悪いことは一切せず、

相手の気持ちも考えず、

悪い事をただただ悪いと、

追求し続けるのか。

 

なんとも

芸もなければ粋でもない

つまらん仕事だこと。

 

まともな女性と

アプリで出会い、その女性と通話した。

22歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人が好きであること。

ゲームや漫画が好きであるがヲタではない。

人混みは苦痛でクラブなどには興味ない。

礼儀やマナーを大切にし、

いわゆるDQNを嫌う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺とよく似ている考えの持ち主だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人は好きだが、

どうしようもなく寂しいときがある。

 

普段なら見知らぬ人と実際に会話を

するなんて到底できっこないのに、

 

今はそれができるタイミングだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その子は

ですます調を最後まで貫いた。

 

まだまだ子供と呼ばれる歳ながらその子は

 

今の時代、

古い人間にはあまり受け入れられない

 

「 カジュアルさ 」や「 洒落たラフさ 」を

 

その口調からは感じさせない古き良き考えを大切にする魅力的な女性だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう子が

キャバクラでNO1になります、ハイ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

ぼかされた本人の写真を独自に研究した結果、

顔は

 

FF7のユフィ 」    に似てる気がする。

 

ゲームのキャラっていうね 笑