元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

昨日の帰り

駅でスーツ姿の若者に

声を掛けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かと思い俺としたことが、

話を聞いてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 今、営業の研修で東京駅で

どれだけ名刺交換できるかをやっています 」

 

という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( とうとうきたか…

ホセ・オクヤマ先生の

詐欺狩りトークを繰り広げる時が!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここをどこだと思ってやがる。

東京駅だぞ。お前みたいな奴に

名刺を渡す人間などいない。

こんな日本の中心で名刺交換だと?

そりゃ数こなせば楽だろうな。

 

 

行き交う人の桁が違うからな。

営業舐めてんのか?

無人駅でそれやれアホが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 俺は名刺持ってないから交換できないけどいスか? 」

 

「 あ、そうでしたか。結構本当に持ってない方が多くてですね …

簡単で構いませんので手書きでも構わないんですが…」

 

 

(オイオイどんだけだよ。

手書きって。うわ、

しかも書いた人いるし。

それら本当なのか?

お前怪し過ぎだろ。

そりゃ持ってないって言うわ)

 

 

 

 

 

 

「 俺駐車場係だから 」

 

「 ………はぁ… 」

 

 

 

 

 

 

 

 

これでバイバイ。

ちなみにこの人たちは

NAVERまとめ

で解析がされてます。

なのでこいつらめくれてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

ホセ・オクヤマさんは

ワンクリック詐欺などの

連絡先に電話して

わざと引っかかり相手の住所

(私書箱を特定)を聞いて

即反撃する人。

ここからのくだりが爽快。

またそれらを警察に情報提供する。

という通信記録をyoutubeに上げてる。

 

youtubeで詐欺狩り

とかやってる人いるけどさ、

そいつらとは全然違う。

 

 

オクヤマさん全然イキってねーの。

フツーのオジさんなのね。

キレないしオラつかないしごくフツー。

ここがイイ。顔はわかんないけど。

 

 

 

 

 

 

中でも神回なのは、

詐欺師と話しているうち、

前にしてやられた

オクヤマだと詐欺師が

気付き、詐欺師が

 

「 どうでしたかね?俺のは。

(会話術は) 」

 

と言う回。

 

あと、オクヤマさんが詐欺グループの住所を詐欺師から引き出したあと、

 

「 あ、そのビルなら俺住んでるから今から支払いに行きますわ 」

 

などとハッタリをかけ、

むちゃくちゃに焦る詐欺師の回。

 

 

名前を聞かれ真面目に

 

「 満湖です 」などと言い。

 

詐欺師が電話相手に気づかれない様に必死に笑いをこらえる回など。

聴き応え十分です。

 

 

 

 

 

今はもう

オクヤマさん更新してないけど。

よかったらご視聴あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

怪しいと思ったら無視しよう。

デキるようになったら遊んでみよう!

 

 

友達と年始に

いよいよやることが無くなり

暇を持て余した。

 

深夜、ラーメンを食べたあと

◯◯書店に行こう

と提案。(TENGA SHOP)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り最新のバイブやオナホを

見漁り、もう帰るかというとき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達がオナホを買うと言い出す。

いいじゃん!買いなよ。

 

と促すと、1人で買うのは

イヤだと言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ないので

TENGA オナホ型ピンバッチ 」

を買う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋のフェイク観葉植物に

引っ掛けて飾っていたところ、

彼女に盛大にバレる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TENGAのピンバッチぃ〜 」

ドラえもん風に答える。

 

「 ふ〜ん 」

 

( あれ、真顔なの?ん?何これ)

しかし、

 

「 いやマジでテンガロボ超欲しかったわ!」

 

と画像を見せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 え!?何これ凄い!」

と名誉挽回。

俺的に

まん◯画太郎

「タタタタフィギュア」

もいいなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなも

TENGA SHOP

へGO!!

 

ちなみに彼女からは

その後も追求が続き、

「 何があったのか? 」

という問題について

事細かく答えまくった。

 

マグマドロップっていう飴玉

一粒100円。

 

TENGAエナジーって飲み物

1本300円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくオシャレ!

エロさが無い!

 

と必死に訴えた。

 

友達と

地方の痛車イベントに行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に

駐車場兼会場に到着した友達から

開口一番に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ギャラリーの方が多いってどういうことだよ!ww」

 

 

と言われ意気消沈。

主催側の痛車たちを見て、

参加者の車も見た。

会場は学校と校庭を合わせた

くらいの広い場所。

全ての車両を見終わるまでに

かかった時間はおよそ10分。

広い土地にポツポツと車が固まってた。

俺と友達は写メもすることなく

見終わり終始絶望。

お互いに会場までは高速を使い、

1時間はかかっていた。

上品で小綺麗にまとまっていたVIP仕様の白いLSがとても可哀想でならなかった。こんな極小チームのためにダシに使われたと。ちなみに痛車チームは軽自動車軍団。10台未満。

 

そのイベントの目玉でもある

最地下のアイドル系グループによる

生歌ライブがなんとも滑稽だった。

黒いレジャーシートを敷いていた。

生意気にも客イジりしてやがる。

 

「これが…痛車のイベント…

なのか???…」

 

 

 

 

ウェブ上では

 見学無料。収容台数300台

などと謳われていたため、

俺と友達は行く前のテンションが

上がりっぱなしだったが、

現場に到着してみると

その感情は全て

痛車チームへの

憎しみに変わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場でのそれぞれの

つぶやき一覧。

 

「マジで色々とイタいわこいつら」

 

「あいつらに引っ込めブス‼︎

って言ったらどうなんだろなww」

 

「写メの必要ナシ」

 

「うわぁ…ガチのLS…

超かわいそう…」

 

「こいつらイベントって行ったことあんのかよ。地方勢に謝れよ。なんだこれ」

 

「お前らはいつでもいいから大黒に来い!いつでもいいから!!www」

 

「2人で水族館でも行く? ww」

「いや逆にアリだよね!ww」

 

 

「簡易トイレ並んでねーしww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目されたいなら

まずは

 

クリス・ブラウン

 

痛車見ろアホが。

 

あ〜あ、

「 カルロス逮捕されたってよ 」

 

「そりゃそうだろ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれだけ刀振り回し…」

 

「それファイナルファイトのカルロスな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 カルロス 」っていうフレーズで

必ずある内輪ネタ

 

感想文。

「劣化したオッサン」たちが

再生産される本質


〜中堅・若手が

三流のおじさんに対抗する武器〜

 

東洋経済オンライン

より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要約すると、

不正があってもそれを黙認する。

その不正を不正で隠し通す。

それをしたり指示するのが役員クラスの上司だから、部下である中堅若手は従うか意見するかに分かれる。

 

これらの不正を自らも黙認し、上司と同じ様に取り繕うことによって、だんだんと自らも劣化したオッサンになってしまう。

 

という話。

 

また、意見することには自分の未来が危ぶまれるというリスクがあり、大抵人は劣化したオッサンになっていくという。

 

 

 

 

 

こうならないために、

悪いことは悪いと是正を求める

オピニオン。

 

意見しても直らなければ

そこを離れる

エグジット。

 

という武器を提示する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は長い物に巻かれる方だから

多分闇の指示に従うと思う。

 

俺は劣化したオッサンになる。

 

これもまた

処世術のひとつだと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメな部分なんて会社にいくらでもある。いつだって会社の上層部はいい思いしてる。

 

 

 

道徳心を説いてたが、

自分の人生がかかった選択肢を

RPGの主人公のように正義感と情熱だけで突破できるほど俺は優秀でも勇敢でもない。

 

 

 

 

 

 

そこに「 安全 」という堅いものがあるならそれを必死に守るため、俺も加担する。

「 人生の安全 」をリスクを負ってでも入手したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道徳心なんてクソじゃね?

道徳心ほどフワフワしてて

胡散臭いもんないでしょ。

 

 

 

トップたちは

会社や家族のいる社員のために

自分らが自ら泥を被って

密かに

やり過ごそうとしてんじゃねぇのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供達を守るために

風俗やってる女と同じじゃねーの?

 

何でもかんでもダメなものはダメって言うけどさ、

リスクを負ってでも自分の身を削る人間の気持ちも少しは汲んでくれてもいいんじゃねぇのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックジャックにシクヨロ〜

 

 

例の親友の家に

お邪魔した。

今ではもう外飲みは高いという理由で家飲みになっている。

 

俺の性格なら妻子ある家に押しかけ

さらにリビングで宅飲みなんて考えられない。

 

やっぱ持つべきものは友だなと実感する。親友の嫁とはもうタメ口だし。

 

ただ引っかかるのは翌日は俺と友達は休みで、なおかつ嫁子供も休みで一緒に行動するということが慣例となっていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃパパも外飲みのときに

 

「 風俗行きてー! 」

 

って言うわな。

今までところどころで聞いてきた

 

「 結婚は人生の墓場 」

 

とは、このことかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、翌日はそいつの地元で祭りがあり、家族と俺とで行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

そこにはゲストとして二流の歌手がライブしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで歌ってたタレントが

アンコールの終わり際、

 

(写メ撮ろう!)

 

 

というジェスチャー

なんと友達の娘にした。

ちなみに女性歌手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとからママに聞けば、

 

小3?の娘に対し、

 

「 もう少し大きくなったら

ウチの事務所のオーディション

受けてネ! 」

 

などとスカウトしたらしい。

 

しかもそのときの歌手と娘の

写メがすでに歌手のツイッター

アップされていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかったな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに抽選会があったので、

確認できた参加人数は

およそ7500人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにその歌手は

年齢不詳。ママと娘だけが

ステージ裏に呼ばれたが、

ママいわく、

 

「 顔がヒアルロン酸で凄い! 」

 

というなんとも女性らしい

対女子への差し込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前らしい嫁だよな。

内輪ではクソミソだもんww

 

楽しかった。また行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日にw

早っ!