読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

日曜日の朝早く

まだ6時ぐらいなのに

派手なネェチャンが

 

鶯谷

 

で下車してた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お互い頑張ってこーぜ!!

よくある言葉の真理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「正義は勝つ」

 

正義は勝つのではなく、

 

「勝ったらそれが正義になる」

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「継続は力なり」

 

継続は確かに力になるだろうが、

 

「継続することにこそ力がいる」

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「見ている人は見ている」

 

 

「見ている人は、ただ見ているだけ」

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人という字は人が支え合って人という字になっている」

 

「人という字は、1人が片方に寄りかかり、もう1人はそれを懸命に支えていて人という字になっている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婚活にくる女のプロフィールの

 

「家事手伝い」 は

 

「ただのニート」 である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フラれて元気」は

 

「ヤケクソ」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1/3の純情な感情は空回り、アイラブユーさえ言えないでいるMy Heart」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ストーカー」 である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「名前とか住んでるとこ凄くしつこく聞かれたマジキモいあのオヤジ」

 

 

と言う風俗嬢が

相手をしたその男性は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コイツには2度と入らないから、なんでも聞きたい事聞こう」

 

である。

 

 

 

 

 

なぜか

男くせぇ職場なのに、

こと風俗、女全般の話は

誰もしないという謎笑

 

ちょうど

風俗ボーイをやりはじめてから

連絡を取っていない親友から電話があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が幼少期を過ごした地元には

幼稚園、小学校、中学校を共に過ごした

幼馴染のとあるグループがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は小学校4年生のとき、この小学校に転入した。それが今ではみな30代。

男女問わず、皆家庭を持ち幸せそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低賃金で実家に出戻った俺は負け組だ。

彼女も無し。親不孝者だ。いい歳して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺よりはいい金貰ってるこの親友だが、

2人のコブ付きで、なおかつ年上の女性と結婚した。さらに、この女性の体は新たに子供を設ける能力はない。ちなみに子供2人は女の子で上の子は高校生。

 

さらにさらに、
こいつは女家族を地元に呼ぼうと思ったが断念し、その女性の地元で家を建てた。
もちろんローンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚したときから感じるが、

こいつ神だなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな親友は

相変わらずバカだったし、何も変わっていなかった。だいぶ時間をおいてからの電話だが

開口一番には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おう、誕生日おめでとう。たぶん、俺ぐらいしかお前の誕生日覚えてるやついねぇだろなと思ってさ」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで神だと思った。

決して見た目的にモテる様なやつじゃない。

しかしこんな男前な奴はいない。

実感した。

 

 

 

 

俺が低賃金だ、実家だ、と嘆いていても、

ただ笑ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく出たファミコン買ったって。

相変わらずバカだった。

いい大人が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前、仕事なんもできねぇなぁ!笑

 

 

 

なんて言ってくれる奴もこいつだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつには

幾つになってもかなわねぇな。

と心から思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、会話の後半

セフレ、風俗、浮気などゲスい話で

盛大に盛り上がる笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方の風俗、

 

「お試しペロペロができるお店」

 

を切り出され、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いたこともない

 

「お試しペロペロ」

 

というフレーズに2人して爆笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとこいつと

変わらぬバカでいたい。

人の精神が

異常をきたすと、身の回りの

電化製品に不具合が出たり、故障したりするらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風俗時代から使っていた腕時計。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年以上前に母からもらった

CASIOの電波時計であるが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14秒早くズレている。

電波なので竜頭が無く、

手動電波受信でも直らず。

必ず46秒の目盛りで1分更新される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜにお前はそんなに生き急ぐ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもさ、ズレてるってなんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はズレてねぇから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲだから。

 

たまに

本社の上司が現場にくる。

 

 

俺を見つけては、

「前よりも表情が明るくなったな。…頑張れよ」

 

 

だって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前ドラマ見過ぎだろ。

生きる夢も希望もねぇよバカ。

上司の女性社員が

職場に1人いる。おそらく40代。

会社の物販管理をしている方。

 

 

 

毎年、バレンタインデーには

全員に行き渡るように、

チョコ系の詰め合わせをみんなに

買ってきているらしい。

お歳暮みたいなヤツ1箱で、

その中のお菓子ひとつを

男どもで分けるとなると、1人あたりひとつだからかなりショボい。

 

でもまぁ

有り難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに女性の上司がいるのだが、

男性でもうすぐ60歳の人。

 

この人から、ホワイトデーにお返しをするから、各自300円を徴収します。と話がみんなに通っていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、

 

60代1名

40代1名

20代1名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こともあろうか

女の上司に

直接300円渡したらしい笑

 

 

休憩中にその話題で大爆笑。

20代のヤツは

 

「うっかりやっちゃいました」

 

と。すかさず先輩たちは、

 

「いやいやうっかりでもしねーだろ笑」

 

 

と。

この3名はおそらく「素」であると

結論づけられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしいな、バレンタインデーって。

お互いめんどくせ〜だけなのにな。