元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

かなりドンピシャの

タイプの女性を見かけたとき、

静かに

 

「 チッ 」

 

と舌打ちをするときがある。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ駆け寄って声をかけられる距離。

触れられる距離だ。

 

けれど、

 

そんな勇気なんて無い。

自信も無い。

ただただ見守るだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐそばに、

めちゃくちゃタイプの女性がいるのに

なにもできない自分自身への

苛立ち、不甲斐なさ、からの

 

「 舌打ち 」

 

だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、

めちゃくちゃイケメンだったらなぁ

なんて思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目がよければ

とりあえずシードで予選突破できる。

自動的に第2戦だ。

 

 

だがブ男ならどうか。

相手が相手なら、

戦わずに負けてしまうことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

 

「 生理的に無理 」

 

というヤツだ。

 

なにもしてない、

なにもアピールできてないのに負け。

末恐ろしいバトルシステムだ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手にしてくれそうかどうか、

彼女になってくれそうかどうか、

を判断基準に女性を見て、

 

俺が好むドンピシャの女性は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

「 俺を好まない女性である 」

 

から、

俺は戦わずに予選負けである。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に声をかけて手応えを確認してないが、

イイ女にはイイ男がついてる。

 

つかそうであってほしい! 

だから幸せを願ってるヨ!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから叶わぬ一方通行の一瞬の恋に

自ら終止符を打つのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 チッ 」 と。

 

 

 

不倫について

考えてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は、結局は動物で、

年中繁殖期なんだから、

男は次から次へと

自分の子孫を繁栄させようとする。

 

そういうもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては人間が作り出した

 

道徳の問題。

 

妻は1人。

共に添い遂げ、

子供を育て上げる。

 

というのがそもそもナゼか?

 

年中繁殖期の男のそのモヤモヤは

どうするのか?

 

 

 

 

人間が作り出した道徳

 

 

人間にも備わる動物的本能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはカンタン。

 

道徳の教科書通りに生きてる人

なんていやしない。

 

だから

カンタンに浮気するし、

不倫する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物的本能には勝てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道徳やモラル、他に多くのリスクが

あってもパートナー以外の者と

体の関係を持つ。

 

すなわち、それほど

人間の本能の信号は強いということ。

 

 

 

これは誰だって持っているものだ。

だから、

誰かが浮気して、

それはイカン!けしからん!

などと全く理解を示さないのは

ナンセンスだ。

 

だってそう言うあなたにも

この本能は備わっているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ問題がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その不倫や浮気には、

 

「 愛情があるのか、否か 」

 

という問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本命のパートナーではなく、

第2のその相手の方が、

より深く愛情を持って

行為してる場合は問題がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本命にちゃんと帰るのであれば

まだいいが、第2の方に愛情を注ぎ

本命の一家が崩壊する場合は

どうすればいいのか。

 

さすがにコレには理解を示せない笑

 

 

 こんなときこそ、

動物的本能ではなく

人間としての道徳やモラルを

守ってほしいものだ。

 

 

要は、

本命に必要以上に行為を求めることによる精神的負荷を無くし、別の場所で

 

「 愛情なく割り切る行為である 」

 

ということが、最低限のマナーだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がしかし、

人間に絶対は無い。

 

人間であるがゆえに

遊びのつもりが

本気になってしまうこともある。

 

本気になるのはいいが、家族はどうする?

ハイリスクだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし女はずるいな。

浮気されて怒る女は当然いるし。

けれど浮気の相手をしてるのも女だからな。

 

それに、「 愛人 」なんて

カッコイイ職業の女の人とかいるんでしょ?笑

 

もう言ってることとやってること矛盾してるからね。男がバッシングされがちだけど、

女も女でなかなかエグいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とどのつまり結論は、

 

「 男は風俗に行け 」

「 女は風俗嬢になれ 」

 

ということ。

 

夫婦が客とコンパニオンとして

ばったり店で会ってほしい。

 

燃えたりして笑

 

 

松本人志が

ワイドナショー

松居一代の動画について言及した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 ヒマだからこんなことしてる。

この行動力をもっと別のところに

注げないのか 」

 

 

この言葉にツイッター民は

 

「 その通り! 」

やら

「 言いたいこと言ってくれた 」

 

など絶賛の声。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違うよ。

動画をもっとよく観なよ。

普通の人の顔じゃないよ。

普通じゃないのが恐ろしいほどわかるよ。

あれが、

 

更年期障害を発症してる人 」

 

だ。

あれは病気だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松ちゃんも荒れるのがイヤで、

 

更年期障害

 

という言葉を発しなかったんじゃないのか?

 

 

わかるはずだ。

 

株でスゲー儲けたんだから、

どんなにヒマでもこんなイメージダウンな

演出、普通の芸能人ならするはずない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人より、

更年期障害の真っ只中の女性を

相手する旦那さんを気遣ってあげたほうがいいんじゃないのか?

 

 

船越さん本当にお疲れ様です。

 

片方の足はサンダル

もう片方は裸足の、

若くて服がはだけた男が

 

ホームの端までフラフラと行き、

柵を越えて線路上を歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の待つ電車の向かい側。

だから、最悪、俺ら側に影響があった。

正面のそいつの動向を、
電車を待つ者全員が
注目した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームからおよそ3.40メートルほどそいつはフラフラと歩いた。それからほどなくして、

聞いたことないベルが止むことなく鳴り響く。

 

駅職員が来る前に、そいつはホームへ戻り、

俺らの視界から消えるように階段を上がって消えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何百人ていたけど、

誰も注意しなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな俺と同じ

自殺肯定派だったのだろうか?

NHKで

 

加藤一二三という男、ありけり 」

 

というドキュメンタリーの

後半部分を少し観た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対局で相手に差す手がどこか釈然とせず、

これだ、という指し手にはならない。

 

スランプだった。

 

工夫を凝らし、努力を尽くした。

だが改善の兆しがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれが5年、10年と続いた。

 

いよいよマズイ。

これは何がなんでも

打開しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力を尽くし、

あとはどの様な方法があるかと

模索して辿り着いたのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 宗教 」

の力だったと言う。

 

NHK側の配慮だろうか、

その「 宗教名 」や

組織団体、活動には一切

加藤さんの口から語られることはなく、

ただ「 宗教 」と言っていた。

 

10年というスランプを乗り越えられたのは

この宗教であったのに、それを詳しくは語られてなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺にはわかる。

あれは「 クリスチャン 」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会に通い、

来る日も来る日も祈り続けること。

 

諦めず、

ただひたすらに祈り、

祈り続ける者を神様は見放さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがあったから、光明が見え、

大事な対局で快勝することが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤さんと親しい外人の神父さん風な人も登場したから、きっとクリスチャンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はこれがショックで仕方なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺には

加藤さんはどこか天才には見えない。

 

だから

努力の限りを尽くし、

人生を努力し続けることによって、

棋士としての

地位を築いてきた人だと思っていた。

いわば凡人が努力を成して得た天才だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挫折して10年間。

 

はたして、天才になる凡人は

この長い長いスランプを

一体どう乗り越えたのか⁉︎

 

なかなかNHKもワクワク

させる番組作るじゃん!

 

なんて思ってたんだけど、

最終手段は「 宗教 」。

 

そして、

ひたすら祈ること。

 

だって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(マジかよ……)

すんげーショックだった。

 

加藤さんは御歳77歳。

 

世間では何かと頑固だったり、

怒りやすかったりと、

昔ながらの古い親父みたいな

イメージがある。

少なくとも俺はそういうイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

加藤さんにはそんな雰囲気は無い。

人懐っこいし、

甘いものたくさん食べちゃうし、

話し方も独特で、高齢のせいか口が上手く回らないのだけれど一所懸命に説明してあげようとしてるのが伝わるし、憎めない。

この人を嫌う人はいないのではないかと思うくらいのカリスマを持ってる。

 

 

 

 

 

 

だからそんな人が昔、

10年ものスランプをどう乗り越えたのかということに凄く興味があり、参考にしたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「 宗教 」で

「 ひたすら祈ること 」て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は宗教を信じない人だから、

凄くショックだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中に、

何かに本気で取り組んでいる人は

無限に存在する。

 

その中で、

挫折し、その道を諦めた人も多いと思う。

では、祈り続ければ皆成功したのか?

 

それは絶対なのか?

とても疑問だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗教なんて、その神様を拝めばいいはずなのに今でもどこかで宗教戦争なんてやってるし、

チャンチャラおかしい。

 

人を救う教えが人を殺してる。

愚かだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

ひふみんには、

宗教云々ではなく、

 

「  諦めるな、そして腐るな。苦しい努力を1日でも多くしてきた者が勝つ。長く苦しい日々を積み重ねてもなお、諦めずに努力した者に必ず光明が差す。努力した者は必ず勝利の方向へ導かれる。努力しない者に勝利は無い 」

 

みたいなこと言ってほしかったし、

それ見て、

そうだよな、うん!

 

て納得したかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗教で祈って勝利

だなんて納得いかないよ。

 

だからたぶん

 

神様がひふみんを選んだんでしょうね笑

 

それなら納得。

 

さすが

俺の親父。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 死ぬ間際に

愛してるなんて言わねーだろ!

海老蔵はなし作ってんだろ! 」

 

と言う。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はというと、

 

本人がブログ書いてないと思う笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 適当にさ、健気な感じ出しといて 」

 

みたいな感じで誰かにやらせてんじゃねぇかなぁなんて思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治も芸能も

嘘ばっかだかんな。

仕事で

取りかかりに遅れが生じてしまった。

俺が悪いのだが、誰も言わなければ

バレなかったし、何事も起こらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに気付いた先輩は

規律に厳しい同僚にチンコロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、規律マンに怒られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 信頼関係で仕事が成り立っている

以後気をつけろ 」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぁ、もうこういうのやめようぜ。

こんなことして何が楽しいんだよ。

 

まぁ俺が悪いけどさ。

 

上がおかしいんだから

表面上だけ取り繕って

やってるように上手く見せて

あとは楽しようぜ。

そこだけは一致団結しようよ。

 

やってもやらなくても

見返りは同じなんだからさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺なんかは下っ端でそりゃもう

こんな考え方だからゴミかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなゴミな俺に

なにかあればいつだって注意を促す

あなたたちは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

私にとって

立派なホコリです。笑