元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

ずっと

容量オーバーで低速中だったよ。

もう12月になってしまった。

 

SNSで仲良くなった若い子も

最後の希望であったが

ある日にラインを無視された以来

連絡を入れてない。

 

その後やたらとアイコンを変えてくるあたり、

なにか連絡をもらうキッカケを

作ってんのかわからんが

 

そもそもテメーからも連絡してこいや。

 

という思いになり大人げないかも

しれないが、俺からは連絡はもうしないと決めてる。なので自然消滅が予測される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕向けてくる女

ってイヤよね。

そいつちなみに22歳。

 

東洋経済

女子がガッカリする40代の「休日の服装」

 

というとあるスタイリストさんの記事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10代、20代ならまだそれなりに似合っていた服でも、40代までその服を持ち続けては着続けるのはよくない。流行は緩やかに変動し、現代では現代の流行や、40代に合った洋服がある。

40代ともなれば、自分が第三者からどう見られているかを踏まえ、機能性や着心地だけにとどまらず「オシャレさ」にも気を使うことが重要。

 

だという。

 

そもそも

なぜオシャレをしなければならないのか?

という突っ込んだことについては言及されていなかった。

 

俺は賛成。

俺はいつまでもオシャレでありたいし、

ジジィになったってカッコよくいたい。

女子によく思われたい。

 

ダサいし、盛りすぎだろそれ笑

っていう男もいるけど、自分なりのカッコよさを演出してるんだろうし、可愛いな

って思う。

不潔でオシャレのオの字も無い様な男よりイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

「知らない人の不倫なんて興味ないというように、知らない人の服装なんて気にする必要ないと思いますが。日本人だけに限らないかもしれないけど、流行流行って乗って、それに乗ってない人を叩くみたいなところが人を生きにくくしているように思えてなりません。」

 

記事に対してのこのコメントを端に

それ以後アンチ大発生笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オシャレもへったくれもない980円のセーターをアルマーニやシャネルの5万のにしろ、などと言ってるわけじゃない。ユニクロしまむらの低価格でオシャレな服があるからそれにしなよ、って話。

 

 

にもかかわらず、

たかだか洋服の良し悪しを言っただけで

生きにくいなどと嘆くほどあなたたちの心は貧しいのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がしかし!

 

今じゃインスタグラムなんて糞アプリが登場したおかげで10代、20代たちはこぞって何かを争っている。

 

モルディブでスイカ割りしてま〜す 」

 

みたいなやつ。

日記みたいなものだから本人のやりたい様に配信すればいいのだが、内容がほぼ自慢。

 

純粋な日記のようでありながらその裏には

 

「 こんなことできる俺、私、

すごいでしょ?あなたたちはコッチ側にこれないでしょ? 」

 

というような

貧乏暇なしの人間や質素な生活を余儀なくされている人間を見下し、馬鹿にしているかのような内容に思えることがある。

 

 

 

 

アンチが言いたいのは

別にオシャレ(そっち側)に興味ないし、

他人の目を気にしてまで、

優越感に浸るほど、

オシャレな服を着ようとは思わない。

(インスタ映えすることに必死にならない)

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

今、最前線でゴールの無いこの何かの争いで育った10代20代は、果たしてどのような日本を作り上げるのか?末恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人が不快にならないように自分自身の襟を正すのは正解だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、他人の目を気にするあまり

自分を良く見せたいという虚栄心が強くなりすぎ、最終的に他人を不快に思わせてしまっては本末転倒だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな奴が言ってる言葉ってのが、

本来なら自分の好きな服を着てれば

それでいいのに、

 

 

「 女子がガッカリする服装 」

 

なんて言ってる奴かもしれない。

その道のプロが言ってんだもん。

 

こりゃ生きづれ〜よ笑

 

 

 

座間事件について

 

 

 

 

 

 

 

 

「 自殺を認めていない国が悪い。

こんなことになるのなら、生きたいと思っても生きられない人に臓器提供でもした方がいい。こんなに健全な人が死んで勿体ない。死にたいなら勝手に死ねばいい。ただ、死ぬ前にその人たちは役に立って死ぬことができる。死にたいと思う人間に安楽死を与えれば社会貢献になる。どれだけこの死が無駄か。 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが俺の親父。

まったくの同感だ。

 

狂気じみたこんな犯人は少なからずこの世には事件を起こさないだけでうじゃうじゃいるものだ。

 

なぜ被害者側の身にならないのか?

 

政治はいつだって国民の味方であり、国民のための政治だとは口では言うが、実際はこれほど自殺願望のある人間は存在し、実際にこの世を去っていく。なぜだ?

 

加害者は異常だ。そして、この被害者たちを作ってしまったこの国も異常だろ。

なにが国民のため、だ。

 

国民全員が心身健康であり、

毎日贅沢はできないにしろ、

ある程度の生活基準が保てれば

自殺などは考えないだろ。

 

それでも自殺が生まれるのはなぜだ?

 

そこを考えるべきだろ。

死んでからでは遅いんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都母子殺害事件しかり、

日本が死ねって感じ。

帰りの電車で

竹原ピストル

 

カウント10

 

で目頭が熱くなる。

 

また、

 

電車の中で観てはいけない

 

という動画で

 

静かに、そして必死に笑いをこらえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生に勝ち負けなんかない

という人の人生に

心を動かされたことは、無い。

 

というまさかの竹原さんによる

人生勝ち組負け組肯定派宣言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生日々努力ですが、

日々努力ってめちゃキツイです。

 

諦めも肝心

 

という偉大な言葉もあるので、

やってて無意味なこともあるのでは?

とも思ってしまいます。

 

こんなこと考えてると最終的に

 

坂本九さんの

 

上を向いて歩こう

 

にたどり着きます。

政治なんて

わからないんだけどさ。

 

日本の総理大臣も外国から呼んで

やってもらったらいい。

 

なんて北野武が言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の国技の相撲は

横綱が外国人。

 

プロ野球やプロサッカーも監督は

外国人。

 

日本を代表する企業の社長にも

外国人がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ良い結果は出てる。

 

だからいっそのこと総理大臣も

優秀な外国人にやってもらえばいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ小さな島国で、

チョンマゲつけた人間が

ここまで世界を相手に歴史と文化を

作ってきた。

 

本当にあっぱれだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それももう限界だ。

世界の国になるには

もっと世界のノウハウを

取り入れないと厳しいんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもてなし

 

ってなんなんだろな。

もともと日本人のウチらを

もてなしてくれる人は

いるのかね。

 

 

 

 

東洋経済オンライン

職場で横行する、未婚者への「排除の論理

 

を読んだ。

 

独身者の昇進の排除が横行しており、

 

独身者を昇進させない。

 

というもので

子どもを生み育てたこともない未婚人間に部下が育てられるはずがない。

という理屈だとか。

 

この問題について、

上司の考えが排除の根源ではないのか。

一般化したこの排除の考えは

正しいものなのか。

 

などという内容。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなのは建前で、

 

「独身者は背負うものが無く身軽だから、

役職に就いてから簡単に辞めてもらっては困るから」

 

じゃないのか?

 

朝日新聞デジタルより

「オタ芸のせいで演奏楽しめず、

提訴の男性、敗訴確定」

 

いやもう、

タイトルで笑ったんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれじゃない?

オタ芸ありきの

アイドルのコンサートなんじゃない?

 

そういうものなんだよきっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オートサロンでさ、

別にいらねーのに

バドガールみたいな

コンパニオンうじゃうじゃいるのと

同じじゃない?

 

 

まぁ車ばっかじゃつまんねぇのかな。

車ばっか集まるから見に行くのにね。

 

箸休め的なね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じアイドルのファンだけれど、

応援の仕方は千差万別。

 

暖かく見守ってやってよ。

しょうがないじゃん、

そいつらだってそのコンサートの

ために練習したんだぜ?

 

踊ってたらアイドルまともに

見れないんだぜ?笑

 

 

 

 

 

まぁ

普通にアイドルの

パフォーマンスを楽しみたい

人には邪魔だしうるさいだけだわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、

なぜ敗訴なのか、

この記事にまったく興味なし。

タイトルが面白い、って話笑