元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

新たな

会社で俺は当然中途採用

 

同期は1人。

 

その人は53歳。

元ITのプログラマーだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

ある日の昼休み。

俺とそのオジサンの2人きり。

 

 

 

 

 

 

ぶしつけな質問をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「娘さんの彼氏が

低所得だったらどうします?笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

ふざけたこの質問に、

オジサンは律儀に答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、娘が惚れた人なら、

別にいいんじゃないかな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっけらかんとしている人で、

その人らしい答えだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中はカネ。

俺はいつだってその「ものさし」が

男の基準だと思っていた。

 

低所得は負け組

高所得は勝ち組

 

カネのあり方が男のあり方そのもの。

 

女は男のカネを求める。当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のどこかで、

そんなハズは決してない。

カネなんて関係ない女がどこかにいる。

 

「その人がただ好きで、一緒にいたい」

 

そう思う女が必ずいる。

 

そして、男はカネじゃない。

 

心の片隅にこの思いも

しっかりと俺は持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このある日の昼休みに

やっと答えが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い娘を持つ父親によって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男はカネではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたり前だ。

じゃないと女の質も問われてくる。

 

 

 

「娘が惚れた理由はカネじゃない」

 

 

 

だから、別にいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気ない一言だが、

 

同期のオジサンが

 

めちゃくちゃカッコよく見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなオヤジになりたいなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな父親を持つ、

よくできた娘さんていいなって思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 俺は

そんな子に 

いつ出会えるワケ?

マジかよ…

まだ見てる人がいてちょっと嬉しい笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元ボーイとして

ブログ改めようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもあれでしょ?

 

「こいつボーイ辞めたってよ」

 

みたいな感じで広まったんでしょ?笑

 

映画か!笑

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんなよ。

 

みんな死ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たった宝クジ見てニヤニヤしてるとこ

車にひかれて死ね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、

近況報告だが

無事に再就職できた。

 

オイオイ、人間ナメてんのか?

ていうくらいの給料のトコ笑

 

わりとガチ。でも福利厚生はフル装備。

 

 

 

 

 

 

前職の風俗業は

自分で言うのもヘンだが、

少しはマトモな人間で構成された

風俗街で働いていた。と思う。

 

そんな、少しはマトモに構成された

風俗で働くボーイ達でさえ、

その街で生きることで発生する

税金の類は支払ってはいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が再就職できたのも、

税金滞納者ではなかったからだと

実感した。

 

なおかつ、

役所でもらえる身分の証書の全てが

揃わなければ就職はできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった本当に。

クビを想定してて笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

転職と同時くらいのタイミングで

彼女にフラれるっていうね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう辛い。

けど、十分納得できる。

 

 

風俗と言ってないし。

休みもないからね。

納得できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が悪いんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「彼氏らしいこと何もして

あげられなかった。本当にゴメン」

 

 

 

これは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年しょっぱなの名言

 

 

 

3日の閉店後

遅番ボーイたちと店長とでダベってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと小腹が空いた店長は

女の子からの差し入れの

菓子パンを食べようとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺「あ、俺カレーパン2個あるんで、どうですか?食べます?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると店長は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長「あぁ、俺カレーパンダメなんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、会話終了。その後、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は無言で

新人ボーイ(43)にスタスタと寄り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カレーパンはダメだっつってんだろオラ!」

 

と理不尽に頭をはたいた笑

バチン!って笑

他店で

お年玉を貰う。

その額5千円。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は9日が最終日なのだが、

ここ最近、憂さ晴らしのように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人ボーイ(43)を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことあるごとに

理由なく頭を叩きまくってる笑

 

黒服道

終了のお知らせ。

2年間のボーイ人生の終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長からは止められる事も無く、

 

「お前がそう決めたんなら俺は何も言わねぇけど…」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに俺の身内が社長の第2夫人。

 

 この間に生まれた子供のために

俺が入店させられた。

 

本人たちはそんなこと言わないけど。

それが狙いに決まってる。俺でもそうする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、店は社長と第2夫人と子供のお財布。

 

 

 

俺は、こいつらのために一生を使うのは御免だった。だから、社長が俺に望んだ仕事を俺は拒否し続けた。

 

これがいつまでも通用するわけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長が望んだ仕事を頑張っていたら、

俺は社長になれた。

 

そして、社長はじきに先に死ぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、生まれた子供は現在3才笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんな。

夫人とそのガキのためにお財布を温める仕事なんてまっぴらゴメンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

この役目を今、店長が行なっている。

 

ストレスでまた倒れなきゃいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもって俺が

2年で貯めた手元にある金は300万。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職を知ってる者は店長と社長。

店長は俺の退職を知った日、

眠れなかったらしい笑

 

 

 

 

 

 

 

 「俺ちゃんだけが頼りなのに…」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の10日ごろから

私は無職です笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジでど〜すんの笑

 

 

 

女の子が

お客様に頂いた、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一平ちゃん ショートケーキ味焼きそば」

を、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長が女の子から受け取る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は食べないから、食べる時は必ず写メを撮ってほしい!」

と頼まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長は快く了承し、それを受け取る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、新人ボーイ(43)に

「これ食べて!」と店長が渡す笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お湯を入れてきて」と差し出されたため、気を使い、全ての「かやく」を投入し、その焼きそばショートケーキ味は完成した。

まさか自分が食べるとは思わなかったはずであるが、店長は強めの口調で指図した。

新人は仕方なくそれを一口食べた。

 

下記はこの焼きそばショートケーキ味を

食べた新人ボーイ(43)のレビューである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●とりあえずマズイ連呼

●ありえないくらいマズイ

●人がリバースしたのを食べてるみたい

●コレを開発したヤツはキチガイ

●吐き気がする

 

 

 

以上

昨日の出来事でした。

 

 

来年の

イベント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域別合同総会  

各店舗代表者1名 総勢50名

(1泊2日旅行)

行きたくない度   ★★★★★★☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協会新年会

各店舗代表者1名  総勢30名

(飲み会)

行きたくない度   ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始恒例社長の買い出し手伝い兼運転手

(無条件不可避)

行きたくない度  ★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つか3つ目は月曜日笑

ウゼーーーーーーーーー!!