元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

勤続年数

トップのコンパニオンが

出勤早々にキッチンのど真ん中で号泣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞けば、出勤途中に

おばあさんが交通事故に遭った瞬間を目撃してしまったらしい。

 

 

 

彼女は出勤したものの悲しみに暮れ、

しばらくは接客ができない。

という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃそら。

 

頭の悪い若い女でももっとマシな

嘘つきますよ 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はキレイでスタイルもいい。

しかし、プライドが邪魔しているのか、

必死に客を取る。というスタンスではない。

 

どこか男性を小馬鹿にし、

女性の方が、または私の方が優秀だ、

と思っているかの様な節がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう40手前の女が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か気にくわないと直ぐに、味方してくれるボーイに話す。しかも話し方が、あたかも私は被害者ですと言わんばかりの言い方。

 

それでいて売れているワケでもない女。

かつ、

店のお局的な女。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超タチが悪い。

 

昔はチヤホヤされていたのだろう。

やれ可愛いだのやれキレイだの、と。

 

しかしそれは昔の話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気だからといって自分をおごることなく現実を解っている賢い女は、ソレがどういう事かをよく理解している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今だけですよ」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は可愛い。私はキレイ。

このカラクリの本質を見抜けなかった女は、それを勘違いだったと気付かぬまま歳を取り続け、夜の世界からも抜け出せず、需要のない自分を正当化する事に躍起になり、周りに迷惑をかけ続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

彼女がもしも本気になるのなら、我々も本気でバックアップする。上を目指すために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論は、

本気の女は出勤早々、

わざわざ目立つキッチンのど真ん中で、

 

私を心配して〜!

 

と言わんばかりに泣いたりしない。

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自演乙。

そして

更年期乙。