元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

3日連続で

夜の客入り本数が芳しくない。

 

2日目から社長はピリピリきていた。

さすがに今日の3日目、

運悪く営業不振の状態で社長が店に来た。

 

すかさず店長と「話し合い」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分ほどの話し合いが終了し、

店長がフロアに戻り社長は少し外出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は絶対に言われることのない言葉、

 

「暇だったら掃除しろ」

 

それともう一つ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やる気の無い奴は辞めていい」

 

と店長が代弁。

社長が言っていたと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長と俺ら平ボーイ3名。

少し沈黙したあと店長が新人ボーイに言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「住んでるトコ間取りは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長とは長い付き合いだ。

俺はピンときた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人、飛んだあとのこと企んでる 笑

 

そして、話は広がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウチは6畳とキッチンですね」

 

「あ、全然イケんじゃん!押入れとかあんの?」

 

「あ、ハイ、一応あります。古い部屋なんで押入れけっこう広いですよ」

 

「じゃあさ、俺は押入れで寝るから!俺そこでいいから!」

 

「あ、そしたら俺はみんなの食事作るんで任せてください」

 

最後に俺は、

「あの、すいませんけど、俺は絶対にベッドじゃないと寝れないんで!ベッドだけは1人で使わせてください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長を筆頭に全員緊張感ゼロ 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや社長、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世に

やる気のあるボーイなんて

存在しませんよ。