元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

本日は

腹割って話せる子を送る。

 

 

ちなみに前の

「腹割って話せる子」とは違う子。

 

この子に限らず、

俺とけっこう話して

仲良くなると、高い確率で

女の子は腹割って話し出す 笑

 

 

というのも

俺が本音で店の不満を言うから。

 

 

またそれが、俺が辛い思いをしている

場合がほとんどで、その理不尽な不満に対して

共感を得ているから。

 

 

女の子たちも腹の底では不満はそれぞれある。それは言えることじゃない。

売れっ子ならまだしも、そうでない子が大半。

 

売れてない子が不満を言おうものならクビになる恐れがある。「じゃあ辞めろ」と。

皆それを気にしてる。当たり前だ。

だから本音の不満は言ってこない。 

 

 

 

だが俺は言う。

怖いものなど無い。

失うものなんて無いのだから!

(クビだから)

 

 

 

こうして、「建前と本音」の

本音の部分を俺自らブチまける事で、

女の子も本音の愚痴を言ってくれるようになった。

 

※ なにやら良い話っぽく言っているが、

たんなる店の悪口の言い合いである。

 

 

 

 

今日この子とは

最近送りをしているネット担当ボーイへの

不満話で盛り上がった。

ちなみにこの子は俺と同い年。30代前半。

 

帰りの車中での会話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そんなに話止まんないの?彼は」

 

「全然止まんないよ。あくびしながら相づちうってても話かけてくるもん 笑」

 

「あぁそう。イタいなそれ。つかなんの話してくんの?そんなにたくさん」

 

「飼ってる猫の話とか、昔の武勇伝とかさ。ホントお客さん相手にしてるみたいでさ、キツイよ。」

 

「ふ〜ん。空気読まないんだな。そりゃキチ〜わ」

 

「ホントどうでもいい話ばっかなんだよね。みんなに言ってるみたいだけど最近、

『今日なに食べたらいいかなぁ?』

とか言ってくんの!笑 

超どうでもよくない⁉︎ ないわ。」

 

「それさ、もう一種の暴力だよね笑」

 

「アハハハ!ほんとそれ!www」

 

「で、何て答えたの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え、無視… 」

 

 

車中で2人大爆笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、不満話も終わり、

普通の世間話をしばらく続けた。

その後、いつも通り彼女は携帯をいじり、

俺は話しかけることなく運転に集中した。

2人は沈黙したまま。

いつもの様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、俺はこのとき、

どうしてもこの子に言いたいことがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢できず、彼女に話かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あのさ、〇〇ちゃん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺今日なに食べたらいいかなぁ??笑」

 

「うわ!ウゼーーーー!!笑」

 

車中で2人大爆笑。