読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

今日は

協会の集会。

その後、協会の忘年会。

 

基本は店の社長が出席する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんウチの社長が出席するはずもなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長が代理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもなく俺が

毎度のごとく出席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ40分間

ひたすら烏龍茶を飲み続け、

刺身を食べ、店へとカムバック。

 

ちなみにこの代理人を出席させるという店はけっこう多く、この代理の替え玉チームは早々と忘年会一次会中に帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣りの店のボーイさんと一緒に帰る途中、少し話した。先輩の40代後半。

 

 

「俺くん、最近休んでんの?」

 

「はい、最近1日もらいましたよ」

 

「あそう、良かったね。」

 

「休めてないんですか?」

 

「うん。今月休めてねぇわ」

 

「あぁ、大変スね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチよか断然売上のあるお店である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は前に、自ら「辞める」と

社長と直接話し合ったことがある。

 

薄々感づいていたらしく、

側近の者を使い、前々から俺に近づいてきていた。

このとき、この側近の方に

断然売上のあるこのお店で働きたい、

との趣旨を伝えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、多分この話も伝わってるし、

俺はそっちの店に行けんだろ。と

心待ち余裕で話合いに臨んだものの、

 

社長の口からはこの別の店で働くことの斡旋は

一切無く。

 

自分の甘さを痛感。

 

またさらに、いざとなったこのとき、

新しい道を選択することができなかった自分の弱さを痛感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺よりも楽をして、いい思いをしているヤツがいるのに…

 

なぜ俺だけこんな苦しいポジションで…

 

理不尽で人情もクソもない状況だった。

 

それが猛烈に悔しくてたまらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからはロボット一筋。

何も考えない。

この先もずっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もイベントがあり、

なんと1時30分までに出勤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、私はロボットですからね。

 

 

ハハ…