元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

新たな

会社で俺は当然中途採用

 

同期は1人。

 

その人は53歳。

元ITのプログラマーだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

ある日の昼休み。

俺とそのオジサンの2人きり。

 

 

 

 

 

 

ぶしつけな質問をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「娘さんの彼氏が

低所得だったらどうします?笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

ふざけたこの質問に、

オジサンは律儀に答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、娘が惚れた人なら、

別にいいんじゃないかな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっけらかんとしている人で、

その人らしい答えだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中はカネ。

俺はいつだってその「ものさし」が

男の基準だと思っていた。

 

低所得は負け組

高所得は勝ち組

 

カネのあり方が男のあり方そのもの。

 

女は男のカネを求める。当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のどこかで、

そんなハズは決してない。

カネなんて関係ない女がどこかにいる。

 

「その人がただ好きで、一緒にいたい」

 

そう思う女が必ずいる。

 

そして、男はカネじゃない。

 

心の片隅にこの思いも

しっかりと俺は持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このある日の昼休みに

やっと答えが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い娘を持つ父親によって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男はカネではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたり前だ。

じゃないと女の質も問われてくる。

 

 

 

「娘が惚れた理由はカネじゃない」

 

 

 

だから、別にいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気ない一言だが、

 

同期のオジサンが

 

めちゃくちゃカッコよく見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなオヤジになりたいなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな父親を持つ、

よくできた娘さんていいなって思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 俺は

そんな子に 

いつ出会えるワケ?