元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

ちょうど

風俗ボーイをやりはじめてから

連絡を取っていない親友から電話があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺が幼少期を過ごした地元には

幼稚園、小学校、中学校を共に過ごした

幼馴染のとあるグループがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は小学校4年生のとき、この小学校に転入した。それが今ではみな30代。

男女問わず、皆家庭を持ち幸せそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低賃金で実家に出戻った俺は負け組だ。

彼女も無し。親不孝者だ。いい歳して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺よりはいい金貰ってるこの親友だが、

2人のコブ付きで、なおかつ年上の女性と結婚した。さらに、この女性の体は新たに子供を設ける能力はない。ちなみに子供2人は女の子で上の子は高校生。

 

さらにさらに、
こいつは女家族を地元に呼ぼうと思ったが断念し、その女性の地元で家を建てた。
もちろんローンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚したときから感じるが、

こいつ神だなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな親友は

相変わらずバカだったし、何も変わっていなかった。だいぶ時間をおいてからの電話だが

開口一番には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おう、誕生日おめでとう。たぶん、俺ぐらいしかお前の誕生日覚えてるやついねぇだろなと思ってさ」

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで神だと思った。

決して見た目的にモテる様なやつじゃない。

しかしこんな男前な奴はいない。

実感した。

 

 

 

 

俺が低賃金だ、実家だ、と嘆いていても、

ただ笑ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく出たファミコン買ったって。

相変わらずバカだった。

いい大人が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前、仕事なんもできねぇなぁ!笑

 

 

 

なんて言ってくれる奴もこいつだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつには

幾つになってもかなわねぇな。

と心から思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、会話の後半

セフレ、風俗、浮気などゲスい話で

盛大に盛り上がる笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方の風俗、

 

「お試しペロペロができるお店」

 

を切り出され、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いたこともない

 

「お試しペロペロ」

 

というフレーズに2人して爆笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとこいつと

変わらぬバカでいたい。