元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

NHKで

 

加藤一二三という男、ありけり 」

 

というドキュメンタリーの

後半部分を少し観た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対局で相手に差す手がどこか釈然とせず、

これだ、という指し手にはならない。

 

スランプだった。

 

工夫を凝らし、努力を尽くした。

だが改善の兆しがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれが5年、10年と続いた。

 

いよいよマズイ。

これは何がなんでも

打開しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力を尽くし、

あとはどの様な方法があるかと

模索して辿り着いたのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 宗教 」

の力だったと言う。

 

NHK側の配慮だろうか、

その「 宗教名 」や

組織団体、活動には一切

加藤さんの口から語られることはなく、

ただ「 宗教 」と言っていた。

 

10年というスランプを乗り越えられたのは

この宗教であったのに、それを詳しくは語られてなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺にはわかる。

あれは「 クリスチャン 」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会に通い、

来る日も来る日も祈り続けること。

 

諦めず、

ただひたすらに祈り、

祈り続ける者を神様は見放さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがあったから、光明が見え、

大事な対局で快勝することが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤さんと親しい外人の神父さん風な人も登場したから、きっとクリスチャンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はこれがショックで仕方なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺には

加藤さんはどこか天才には見えない。

 

だから

努力の限りを尽くし、

人生を努力し続けることによって、

棋士としての

地位を築いてきた人だと思っていた。

いわば凡人が努力を成して得た天才だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挫折して10年間。

 

はたして、天才になる凡人は

この長い長いスランプを

一体どう乗り越えたのか⁉︎

 

なかなかNHKもワクワク

させる番組作るじゃん!

 

なんて思ってたんだけど、

最終手段は「 宗教 」。

 

そして、

ひたすら祈ること。

 

だって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(マジかよ……)

すんげーショックだった。

 

加藤さんは御歳77歳。

 

世間では何かと頑固だったり、

怒りやすかったりと、

昔ながらの古い親父みたいな

イメージがある。

少なくとも俺はそういうイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

加藤さんにはそんな雰囲気は無い。

人懐っこいし、

甘いものたくさん食べちゃうし、

話し方も独特で、高齢のせいか口が上手く回らないのだけれど一所懸命に説明してあげようとしてるのが伝わるし、憎めない。

この人を嫌う人はいないのではないかと思うくらいのカリスマを持ってる。

 

 

 

 

 

 

だからそんな人が昔、

10年ものスランプをどう乗り越えたのかということに凄く興味があり、参考にしたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「 宗教 」で

「 ひたすら祈ること 」て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は宗教を信じない人だから、

凄くショックだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中に、

何かに本気で取り組んでいる人は

無限に存在する。

 

その中で、

挫折し、その道を諦めた人も多いと思う。

では、祈り続ければ皆成功したのか?

 

それは絶対なのか?

とても疑問だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗教なんて、その神様を拝めばいいはずなのに今でもどこかで宗教戦争なんてやってるし、

チャンチャラおかしい。

 

人を救う教えが人を殺してる。

愚かだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

ひふみんには、

宗教云々ではなく、

 

「  諦めるな、そして腐るな。苦しい努力を1日でも多くしてきた者が勝つ。長く苦しい日々を積み重ねてもなお、諦めずに努力した者に必ず光明が差す。努力した者は必ず勝利の方向へ導かれる。努力しない者に勝利は無い 」

 

みたいなこと言ってほしかったし、

それ見て、

そうだよな、うん!

 

て納得したかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗教で祈って勝利

だなんて納得いかないよ。

 

だからたぶん

 

神様がひふみんを選んだんでしょうね笑

 

それなら納得。