元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

かなりドンピシャの

タイプの女性を見かけたとき、

静かに

 

「 チッ 」

 

と舌打ちをするときがある。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ駆け寄って声をかけられる距離。

触れられる距離だ。

 

けれど、

 

そんな勇気なんて無い。

自信も無い。

ただただ見守るだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐそばに、

めちゃくちゃタイプの女性がいるのに

なにもできない自分自身への

苛立ち、不甲斐なさ、からの

 

「 舌打ち 」

 

だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、

めちゃくちゃイケメンだったらなぁ

なんて思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目がよければ

とりあえずシードで予選突破できる。

自動的に第2戦だ。

 

 

だがブ男ならどうか。

相手が相手なら、

戦わずに負けてしまうことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

 

「 生理的に無理 」

 

というヤツだ。

 

なにもしてない、

なにもアピールできてないのに負け。

末恐ろしいバトルシステムだ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手にしてくれそうかどうか、

彼女になってくれそうかどうか、

を判断基準に女性を見て、

 

俺が好むドンピシャの女性は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

「 俺を好まない女性である 」

 

から、

俺は戦わずに予選負けである。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に声をかけて手応えを確認してないが、

イイ女にはイイ男がついてる。

 

つかそうであってほしい! 

だから幸せを願ってるヨ!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから叶わぬ一方通行の一瞬の恋に

自ら終止符を打つのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 チッ 」 と。

 

 

 

広告を非表示にする