元黒服ブログ

荒波に揉まれていた元ボーイの第2の生きる道

メリークリスマス!

 

 

 

 

 


ささやかなプレゼントを
君に贈ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 


私はこれまでの君をよく知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君は
サンタクロースがこの世に存在しないと思っているだろう?

それは半分正解で半分不正解だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


存在しないと思えば絶対に存在しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから少しでも私の存在を肯定できるように、ささやかなプレゼントだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、これまでとこの先の君へ言っておきたいことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いつだって君はなんだか冷めていて、それでいながら愛されたがっているな。

それではダメだ。

人から愛される人になるということは人を愛していなければそうはならない。

見返りを求めてはいけないんだ。

その無限の愛を、分け隔て無く平等に分けてこそ、人は愛される人になる。

愛されることに執着し、周りの物事への関心が冷めていたのでは君の成長はないのだよ。周りは君をよく見ている。だから君も懸命に物事に取り組むんだ。

 

 

 

 

 

 

 


君はできるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

いつだって君は自分1人で何事も片付けてきたかのような振る舞いだが、
君に出来ることといえば、

 

「 ありがとう 」

「 ごめんなさい 」

 

という言葉をしっかりと相手の目を見てはっきりと言うことぐらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


君は努力をしない。
しかし、これをなんのためらいもなくすんなり言えることができたから、
これまで君は助けられながら、
気にかけられながら、
生きてこれたんだ。

君は人として最低限のことを
しっかりとやっていたんだ。

 

それは

当たり前のことを当たり前にやっただけのこと。

これが実力だと奢ってはいけないよ。

 

 

 

 

 

 

 


君はもういい年齢だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは
なんのためらいもなく、
元気にはっきりと

 

「 ありがとう 」

「 ごめんなさい 」

 

を言える人間を育てなさい。
これからは
今までの恩を返さなきゃダメだ。

 

 

 

 

 

 


君にはそれができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして大いに悩み、落ち込み、
考え込みなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


答えはその辺に転がっているよ。
なんだコレか、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、

「 その辺 」

というものにそうそう目がいかないんだよね。そんなものさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを人に惜しげもなく
教えてあげなさい。

これまでの人生に感謝し、
周りの人達に感謝し、
有り難く人と関わって生きなさい。

 

 

 

 

 

 

 

これから先の人生を
もっと幸せにする生き方の
アドバイスだよ。

生きてること、
生かされていることに
日々感謝して1日を過ごしなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いつか必ず幸せになれるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人は何のために生きているか
君はもうとっくの昔から知っているだろう?

そう、答えは
「 その辺 」
に転がっていたよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、肝心のプレゼントだが、
プレゼントというよりは
言葉のプレゼントだ。

誰も言ってくれなかったんだろう?

それは君が冷めているからさ。

相変わらず不器用な奴だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私はそんな君が嫌いではないし、
応援しているよ。
これからもずっと。

 

 

 

 

 


じゃあとりあえず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マイホーム購入おめでとう!
やったな!

 

 

サンタクロースより